AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

イギリスの存在

第一次世界大戦当時のイギリスは世界に植民地を持ち海軍力も大きく経済的にも強い大国だった。日本は日英同盟を結んでおり日露戦争で効果を上げたが第一次世界大戦ではイギリスの要請に応じて陸軍を欧州に派遣することを断り関係が悪化し日英同盟は延長されず期限切れとなった。一方、分裂していた中国では国民党が勢力を伸ばし中央政府樹立に向かい始めてきて外国も関係を持とうとし始めた。英米は日本との関係が薄くなり中国との関係が深くなっていった。満州建国や中国との戦争で日本は国際連盟を脱退するなど次第に国際的に孤立していったがイギリスはまだ日本を理解し弁護しようとしてくれていた。特にチェンバレン首相の時はまだ日英関係の修復の可能性があった。しかしチャーチル首相に変わるとその可能性は消えていった。もし日本が英米との関係を修復していたら第二次世界大戦は日本に有利に進んだかもしれない。満州建国についてはリットン調査団の提案を日本は断ったが受け入れていても問題はなかったと言われる。国際連盟も脱退する必要はなかった。アメリカとの関係が多少悪くなってもイギリスとの関係さえ良くしておけば孤立化はまだ避けられたという。日英同盟を廃止しイギリスとの関係を悪化させたことが結局、対立、戦争となった。日本にとってもイギリスにとっても不幸な展開だった。

アメリカとソ連の連合国

ロシア革命でレーニンは共産主義を掲げロマノフ王朝の帝政を倒した。これにはドイツの支援があり最初の頃はアメリカも帝政を倒したということで民主化に繋がると考え歓迎したようである。しかし共産主義というものがマルクス主義の実践として資本家や経営者をも倒し労働者が実権を握るという体制であることを知るとアメリカなどの自由主義体制国家は警戒を強めた。しかしアメリカなどでも共産主義を支援する勢力が存在しソ連コミンテルンのスパイ工作と結びついて共産主義自由主義陣営にも入り込んでいった。天皇君主制の日本は当然、共産主義を警戒し石井菊次郎などはソ連への軍隊派兵も検討した。もしその方向で資本主義対共産主義の展開になっていたら日本は日英同盟を軸に英米と協調してソ連と戦うことになっていたかもしれない。しかし日本はドイツとイタリアと同盟を結び英米ソと戦争することになった。英米ソが連合国として結びついたのは水と油の資本主義と共産主義の中にソ連のスパイ活動が効果を上げていたことや親ソ連の活動家がいたことが関係しているのかもしれない。アメリカや日本の政治中枢にソ連のスパイや共産主義者が紛れ込んでいたことは知られている。日本が英米ソを敵に回して戦争をしたことは愚かであったし残念なことであったと言える。日本はファシズムのドイツと同盟を結んだが、これも日本のイメージダウンになったと言える。そういう意味では愚かな戦争であった。

近現代史の教育

高校で日本の近現代史の教育が必修で行われるようになるらしい。これは良いことだと思う。今まで行われて来なかったことが間違いだった。近現代史については本を読んで初めて知ったことがほとんどだった。日本の立場から見た歴史観はやはり教育で基本として教えるべきだと思う。日本の戦後が終わる象徴的な出来事かもしれない。これまでは中国韓国の間違った歴史認識に押されっぱなしだった。日本が正しく反論するためにも真実の歴史認識をすべての日本人が知る必要がある。中国韓国は正しい歴史認識などと言うが実際は間違っている。日本側から見た歴史認識を日本人であるならば知っておく必要がある。それは真実とは多少は違うかもしれないが出来れば日本側からの視点と世界側からの視点と両方を知るのがより望ましいとは言え少なくとも日本側からの歴史認識は知っておくべきだと思う。近現代史を知ることはアジアや世界と関わる上で重要な知識だと思う。

反日の紀元、中国の場合

中国は共産主義の国である。共産主義は外に敵を作らなければ存在できない。したがって中国の敵は自由主義の大国アメリカである。しかしアメリカに中国は軍事的に対抗できない。そこで軍事的に対抗できそうな日本を仮想敵国にした。だから首相が靖国神社参拝を止めたりして譲歩しても次は歴史問題などと中国は反日を止められない。そういう反日教育が戦後70年も続いてきた。中国はアメリカとの冷戦に停戦したかのような行動を取ったことがあった。しかしそれは欺きだった。長谷川慶太郎氏の、中国「反日」の末路、という本に書かれていた。中国共産党が消滅しアジアでの冷戦が終わるまで中国の反日は続くという。中国は日清戦争で日本に負け、その後、分裂し、大東亜戦争で日本に攻め込まれた。戦勝国になったと言っても中華人民共和国はまだなかった。そういう反日もあるだろうが共産主義から来る反日というのは少し新しい理解だった。特定アジア反日共産主義が消滅するまで終わらないのかもしれない。

反日の紀元、韓国の場合

韓国の建国は戦後のことである。しかし韓国の憲法前文には日本統治時代の抗日運動を韓国の紀元とする、と書かれてあって、これが象徴するように韓国は建国の時から反日を前提に存在してきたという。シンシアリー氏の、恥韓論という本に書かれていた。韓国併合の否定、大東亜戦争で日本側として戦ったこと、小中華思想、それらが反日の紀元なのだと思う。だから国家的に反日がスタートであって国民的にも教育を通して影響している。戦後70年も反日教育をしてきたのだから根は深い。反日が前提で親日などとは口にできない。地下鉄がほぼ日本製であることなど口にもできず誰も知らないという。韓国は反日で成り立っている。しかし責任を他人に擦り付けるというのは単なる甘えである。自分達の責任を自覚しなければ独立も難しいだろう。パククネ政権の時に韓国は中国とアメリカを天秤にかけるような外交を行ないコウモリ外交などと言われた。近い将来につけが回って来ると思う。

政冷経熱と言っても

中国と日本の関係を表す言葉に、政冷経熱、というものがある。政治は冷えていても経済は熱いということだ。同じく韓国と日本の関係を表す言葉に、昼は反日、夜は親日、あるいは、韓国は常に反日と言っていないといつのまにか親日になってしまう国、というものがあるそうだ。韓国の放送局のスタジオは日本とそっくりだそうで日本のマネが受けるという。ひと頃は反日が弱まったこともあったらしいが、中国の尖閣諸島問題や反日暴動、韓国のイミョンバク氏の竹島上陸や天皇謝罪要求、パククネ氏の反日路線などで、反日嫌韓は強くなってきた。中国の言論統制や韓国の慰安婦、徴用工問題などで対立は強まっている。中国と韓国の経済界からは政治的対立を融和してほしいという要望もあるらしいが日本としては不可能だろう。相手が反日教育をしているのに日本が経済的に支援する義理はないとハッキリ言える。昼は反日、夜は親日、というのは、建前では国民的に反日だが経済面など本音では親日ということだ。経済協力を求めているのだと思うが都合が良すぎる。フランスで開催されている日本のアニメ紹介コミケイベントに韓国がいつのまにか割り込んできたという話があり呆れてしまう。反日プロパガンダの例を上げればきりがない。VANKなどという反日工作組織もある。反日嫌韓は政治的対立だ。通貨スワップもそうだが経済だけ融和というのは不可能だと思う。

中西輝政氏

中西輝政氏と長谷川慶太郎氏の対談本、これからのアジアこれからの日本1000年の歴史から未来を読む、という本の古本をアマゾンで購入した。まだ読んでいないのだが、100年ではなく1000年である。どのような内容なのか興味深い。中西輝政氏は単独の本を何冊か読んだことがある。アマゾンやヤフーショッピングで古本を検察してみると文明についての視点から日本や中国やイギリスなどの政治経済を語る本が多いようである。何冊か古本が出ているようなので時間があったら読んでみたいと思った。