AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

リベラリスト井上達夫氏

政治経済軍事分析そして国家論まで最初に読んだのは長谷川慶太郎氏だった。常識的な国家論だと納得した。続いて渡邉哲也氏や倉山満氏や西村幸祐氏やケント・ギルバート氏を読んだ。右よりの保守派からの意見で保守的な国家論だと納得した。政治経済軍事分析もなかなか良かった。続いて室谷克実氏や石平氏や有本香氏や呉善花氏を読んだ。特定アジア分析に納得した。日本の在りかたを考えさせられた。そういう中で右よりの保守の意見に傾いて行った。そして左翼を敬遠するようになった。しかし根強い左翼と左派リベラルの思考回路がどうなっているのか気になってきた。そこで保守ではないリベラルの井上達夫氏の本を読んでみた。ザ議論リベラルVS保守、と、リベラルのことは嫌いでもリベラリズムは嫌いにならないでください、の2冊である。分かってきたのは左翼とは違う本来のリベラルがあるということとそれがどういうものかということである。保守と左派というよりも現実的と理想的という違いなのかなと思った。理想を追求するという点ではそれなりに理解できる。学問的でもあるかもしれない。しかし現実とはかなりかけはなれていると思った。それなりに参考になったし新しい視点もあったけれど現実の政治経済軍事分析と国家論に対してはかなり違うのではないかと思った。