AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

教科書問題

西村幸祐氏の、教科書は「天皇」と「自衛隊」をどう教えているかー中学歴史-公民教科書総点検、という2011年の本を読んだ。新しい学習指導要領の影響により教科書が変わることが期待されるがどうなっているか、ということを中学の日本史と公民についてチェックしている。国家や権力や保守という根本的立場を反映しているか、ということなのだが、教科書業界は左翼的出版社が多くシェアも大きい。新しく保守的出版社の教科書が登場したがシェアは小さい。歴史的事象と社会的事象を様々な例からチェックしているが左翼的教科書5社と保守的教科書2社の対照的な評価の差となり左翼的な方は低評価で保守的な方は高評価となっている。左翼的教科書の特徴をいくつか上げその問題点を指摘し逆に保守的教科書の特徴もいくつか上げその優秀さを指摘している。左翼的教科書の特徴の危険性を浮かび上がらせ重大性を警告している。逆に保守的教科書の特徴の優秀性を浮かび上がらせ重要性を強調している。大きな問題点としては4つほどありさらに細かくいくつか上げられている。教科書をただ読んだだけでは気付かないがこのように分析されるとなるほどと思う。左翼の特徴と保守の特徴と対比が大変よくわかり日本社会にも適用できるものだと思った。日本の危険性を気付かせる内容で大変ためになった。一読の価値はあると言える。