AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

日本の立場

国際問題は日本は日本の立場から考えるべきか中立的な立場から考えるべきか。今の日本の少なくない人々は中立的な立場から考える傾向がある。学校教育も同じである。縄文時代聖徳太子菅原道真足利義満豊臣秀吉鎖国、幕末と明治維新日清戦争日露戦争日韓併合満州国日中戦争日英同盟大東亜戦争東京裁判昭和憲法GHQ、冷戦、国際連合、領土問題、これら近現代史の国際関係を考える時、日本の立場から考えず中立的な立場から考えるのは非常に危険である。間違った方向に向きかねない。日本はその意識が不足している。こうなったのは敗戦の影響が大きい。しかし日本の弱点となってしまった。戦後70年が過ぎ戦後が歴史となった今そろそろ日本の立場から国際関係を見る視点が必要になってきたのではないかと思う。そうしなければ本当の日本の近現代史は理解できないと思う。日本のためにそのような見方をすることが重要になってきたと思う。