AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

慰安婦合意

渡邉哲也氏の、平和ボケお花畑を論破するリアリストの思考法、という本を読んだ。日韓慰安婦合意についてもディベートを日本が有効に使ったとして紹介されている。それは想定されるあらゆる反論を論理的に否定していき、最終的にひとつの答えだけを残す作業である。そして相手に、その答えしかない、と思わせ選択させることでもある。もちろん、それが自分の望む結論であることは言うまでもない。このような逃げ道をひとつずつ排除していき最終的にこちらの望んだ場所に導くというやり方は、追い込み漁、と似ている。この典型的な例が日韓合意である。この日韓合意によって、韓国が再び慰安婦問題を持ち出せば、それは国際ルールを無視したことになる、という前提ができた。そして、日本はこれ以上謝る必要はない、という世界の共通認識をつくりあげた。そして、日本は、韓国は合意を破る、という想定の下で、その際にどういった対抗措置を取ることができるか、ということまで考えていたと思われる。その結果、韓国が慰安婦問題を再燃させた時点で、当初は、加害者、と見られていた日本は、被害者、となり、立場は逆転した。日本としては、被害者の立場をより明確にするためにウィーン条約を持ち出し、韓国は約束を守らない国だ、ということを世界にアピールしたわけだ。これは、相手の立場に立って相手の嫌がることを考え抜いた結果であると言える。そもそも、国際的な合意を反故にする行為は断交に値するものである。そのため、日本は駐韓大使らを一時帰国させたわけだが、これには段階があり、一時帰国から断交を前提とした召還という措置を取ることもできる。また、外務省が海外安全情報のレベルをひとつ上げるだけで、日本からの観光客は激減する。そのレベルをさらに上げれば、韓国経済はさらに追い詰められることになるのだ。そして、日韓合意は同時に、もう慰安婦問題を持ち出すことはできない。もし破ったら、世界から信用を失う、という立場に韓国を追い詰めるものであった。逆に言えば、日本側は最初から破られることを想定して合意したと言えるだろう。この説明はまったく素晴らしいものだと思った。日本の交渉力とディベート力を高める重要性を認識した。