AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

憲法改正論議

渡邉哲也氏の、平和ボケお花畑を論破するリアリストの思考法、という本を読んだ。憲法改正についても興味深い論議が書かれていた。以下お花畑とは主に左翼を指す。憲法改正反対の護憲派は何を間違っているのか。お花畑の主張。憲法を守れ、憲法は改正してはいけない。リアリストの反論。憲法には憲法自体を改正するための手続きを定めた第96条がある。それをどう考えるのか。憲法を守れ、という主張は、憲法の中に規定されている改正の可能性まで含めて守れ、ということになる。憲法を改正するのであれば、正しい手続きの下で改正されなくてはならない、というのであれば、まだわかるが、憲法を改正してはいけない、というのは逆に憲法の精神に反していると言えるのだ。お花畑の主張。集団的自衛権憲法違反である。リアリストの反論。憲法を守る以前に国を守るのは当然だ。これは、憲法は何のためにあるか、誰のためにあるか、という問いに通ずるものだ。仮に日本が中国や北朝鮮に占領されたとしよう。その状態でも日本国憲法は通用するだろうか。他国に支配されればその国の憲法は無効化する。国破れて憲法なし、という前提に立って考えれば、国の存続を阻害するような憲法が認められないのは当然の帰結となる。国家が無ければ憲法も存在しないわけで、国の存続に関わるような重大事は統治行為論によって司法によって判断されないというのは当たり前のことと言えるだろう。集団的自衛権についても憲法によって判断すべきものではない。さらに、誤解だらけの靖国神社。お花畑の主張。靖国神社に参拝するのは戦争を肯定する行為だ。リアリストの反論。靖国神社に参拝して行うのは不戦の誓いであり、二度と戦争を起こさない、という意思表示である。靖国神社は戦争を賛美する目的のものではない。同じような施設は他の国にも存在しており特別視されるような性質のものではない。この説明も非常によくわかるものだった。