AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

中国の深層

長谷川慶太郎氏の、中国の深層、という本を読んだ。2003年の中国、経済成長を続けているが、社会主義から来る矛盾と問題が数多く発生している。中国は安い労働力だけが強みであり、それは弱みでもあるという。経済的には中国に進出するメリットに引かれる企業もあるがデメリットやリスクも多いということである。中国リスクがよく分かった。そして、長谷川慶太郎氏の、中国大分裂、という本を読んだ。改革解放路線の中国共産党は革命先軍政治北朝鮮を快く思っておらず、核ミサイル開発を続ける北朝鮮経済制裁を行い、軍事制圧もできるように国境沿いの旧満州瀋陽軍区の軍隊を増強した。しかし改革解放路線に反対する人民解放軍中国共産党と対立し逆に北朝鮮の核ミサイル開発を支援する立場を取った。瀋陽軍区は北朝鮮の核ミサイルを利用して北京中央政府に反旗を翻す可能性があるという。中国共産党人民解放軍の対立が解説されている。そして改革解放路線の経済成長もバブル崩壊高速鉄道も不採算になり企業活動も行き詰まっているという。もはや中国の経済は危機的状態だという。新しく国家主席に就任する予定の習近平氏もカリスマ性はなく人民解放軍を支配し経済を建て直せるかわからないという。2012年の中国の危機的状態が解説されている。中国についての長谷川慶太郎氏の本は多くあるが新しい内容もあり読む価値はあると思う。