AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

デフレ不況の認識

デフレでは物価が下落していくため消費者は急いで物を買わない。待っていた方が特をするからだ。物の供給過剰と買い控えによってデフレが進行する可能性がある。消費が落ち込みデフレ不況となる。こういう時に消費税増税などをするとさらに財布が固くなりお金が回らなくなり不況が悪化する。だからデフレ脱却が必要だ。お金の供給を増やすべきだ。と言われている。しかし一方で、物の供給過剰は戦争から平和に時代の流れが変わったからでありデフレ脱却はできない。対応するしかない。デフレ不況は基調判断の認識違い。お金を増やしても円安株高にはなるがデフレ脱却はできない。デフレ時代には直接税から間接税への移行が必要だ。という説もある。前者と後者はかなり違う理論だ。高橋洋一氏が前者で長谷川慶太郎氏が後者の主張をしている。かなり違うが両方知っておくと役に立つと思う。アベノミクスの財政政策や黒田日銀の金融政策を理解するのに役に立つと思う。かなり違うので理解するのは簡単ではないが経済理論の基礎として知っておくと良いと思った。