AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

財政政策と金融政策

日銀に対する安倍首相と民主党政権の決定的な違いは、日銀の独立性、を正しく理解しているかどうかである。民主党の辞書に載っていた、日銀の独立性、に照らし合わせれば、現黒田日銀には独立性がないと理解できる。しかし安倍首相は明確に異なる。日銀の独立性とは、目標の独立性、ではなく、手段の独立性、でしかないことを分かっているのだ。車の運転の例に戻れば、時速〇キロで走ってください、と指示するのはあくまで国民を代表する政府であって、プロドライバーの日銀は、メーターを見ながらハンドルとアクセル、ブレーキを調整するだけである。逆に政府や安倍首相は金融政策のプロではなく、運転免許は持っていない。だから目標しか言えないのだ。私が目標の独立性と手段の独立性の説明をした時、安倍首相の反応がとても印象的だったことを記憶している。高橋洋一氏の、安倍内閣と黒田日銀への期待と不安ーこうすれば日本はもの凄い経済大国になる、という本に載っていた。財政政策は政府の、金融政策は日銀の、というような説明が、高橋洋一氏の、バカな経済論、という本に載っていた気がする。日本は財政破綻するか、ということが気になり始めて、関連の本を読み始めたが、経済学や日本経済についての話が関連してくる本が多い。そして日銀の役割り、黒田日銀と白川日銀の違い、などを知るようになった。高橋洋一氏は、安倍首相と黒田日銀を評価し、民主党政権と白川日銀を批判しているが理解できる気がしてきた。高橋洋一氏の、日本経済のウソ、という本でも同じ論議をしている。かつての日銀の金融政策の誤りを必ずしも分かりやすくはないが指摘している。日銀についてよくわかってきた。財政破綻の話とは直接関係はないが、ためになることが多い。しかし最大の関心は今はやはり財政破綻の話だ。政治経済については、長谷川慶太郎氏の本をよく読んできたが、こういう見方もあるのだなと思った。