AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

財務官僚

リーマンショック以降、世界各国では金融緩和と通貨安競走が起こった。経済回復とデフレ脱却という意味もあった。しかし日本はこれに乗り遅れデフレと円高に陥った。日銀が通貨供給を出し渋ったことを、倉山満氏、三橋貴明氏、上念司氏などは激しく批判している。財務省増税主義についても同様である。高橋洋一氏も財務官僚の考え方を批判している。お金の供給が最も必要だったが白川総裁は抵抗した。黒田総裁になってようやく転換できたとのことである。デフレなら通貨供給というのは基本原則だがそれをしなかったという。財務官僚は日本の経済成長に関心がないという。そういう批判もわかるような気がする。財政政策と金融政策に問題はあった。しかし一方で、長谷川慶太郎氏の言うように通貨供給を増やしてもデフレは解消できない、という説もわかる。しかし通貨供給を増やして円安になったのは良かったという。いずれにしても白川日銀と財務省が通貨供給を増やそうとしなかったことや不況下での増税を主張したことは、やはり間違いだった気がする。財務官僚の問題は大きいと思う。