AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

日本経済ダメ論のウソ

三橋貴明氏と上念司氏の、「日本経済ダメ論」のウソー日本が絶対に破産しないこれだけの理由、という本を読んでいる。私がとにかく恐れている状況は、税収の元は名目GDPであるにもかかわらず、税率を上げてGDPの民間所得、要するに国民の仮処分所得を減らしたら、今のパターンでは翌年のGDPは確実に減ります。そうすれば税収が減ります。元が減るわけだから。そうなると財務省の皆さんは、ほら見たことか、こんなに税収が落ちてしまった、大変だ、じゃあ増税だ、という悪循環になっていく。無限増税ループです。これに入ると、税収が減れば、税収を増やそうとして税率を上げ、その結果、デフレが悪化して名目GDPが縮小し、さらに税収不足を招くという無限地獄に陥ります。すると、民間から政府にお金がどんどん流れて行きますから、民間の需要が減る一方です。そうすると、資金需要なんて当然ありませんから、民間への貸し出しは減り、もう国債を買うしかなくなります。だって政府にしかお金の需要がないんですから。結局、国債だけがバンバン売れて、民間の資金は細っていく。デフレは一段とひどくなって、製造業はどんどん海外へ出て行ってしまうし、大型倒産も増える。地獄です。とのことである。確かにそういう部分もあると思う。消費税を増税すると消費が落ち込み、かえって税収が減る、ということもある。増税にはデメリットもある。しかし増税せずにGDPを上げるというのも簡単ではない。政府はGDPを500兆円から600兆円に上げるという目標を建てているが不可能ではないものの簡単でもない。財政赤字を減らすというとプライマリーバランスの黒字化という話になるが賛否両論である。歳出を減らすのも難しいし歳入を増やすのも難しい。しかし国債をこのまま増やし続けていいのか、とも思う。この問題は難しいと思う。