AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

トクアノミクス

西村幸祐氏の、「反日」包囲網がアベノミクスを壊すートクアノミクスの正体、という本を読んだ。トクアノミクスとはアベノミクスに対峙する造語である。特定アジア三カ国と米国の一部が結びついて、日本の自主、独立を認めない、日本を封じ込めるシステムが、トクアノミクス、なのである。反安倍の日本の勢力と特定アジアの勢力が結びついた反日の勢力だそうだ。大金をかけて国家的に反日活動する中国、反日ファシズム反日精神病的な韓国、その異質さの事例が多数述べられている。さらに、天安門事件後の経済制裁の中での天皇陛下の中国訪問、河野談話村山談話を、反日3本の矢、と呼んで1990年代から反日が強くなったことが述べられている。そして、ベルリンの壁ならぬ、東京の壁、トクアと日本の反日メディアの関係が述べられている。民主党の旧勢力の悪政も述べられている。安倍政権とアベノミクスがようやく戦後体制を打破しつつあるということである。アベノミクスがトクアノミクスに勝つときが訪れるだろうという。それは間違いないだろう。国民の世論もそうなっている。戦後体制からの脱却は近いと思う。