AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

朝日新聞

西村幸祐氏の、朝日新聞「大崩壊」の真相、という本を読んでいる。靖国神社参拝に反対する報道は中国が反対する前に朝日新聞が焚き付けたものだった。火のない所に煙をたてた靖国報道。朝日みずからが騒ぎ立てた靖国神社参拝に中国が初めて反発したと言って大喜びしている。小泉の靖国神社参拝をめぐる紙面も同じで朝日は戦前の靖国神社は軍事日本が国民を動員する装置だった。若者を戦場へと送り出す宣伝に使われた。とその議論をさらにエスカレートさせていった。もともと火種がなかった所に燃料を投下し、それを受けて中国や韓国が反発すると、さらに便乗して大騒ぎするという意味では、これは教科書書き換えの誤報慰安婦問題と全く同じ構図だ。もはや事実をねじ曲げるどころの話ではない。朝日はそれほど日本という国家が嫌いで自分達の社論が重要なのである。だから日本を貶めたいという彼らのイデオロギーはその後も多くの虚報、捏造、誤報を生んでいくのだ。靖国神社参拝問題、慰安婦問題、教科書書き換え問題、みな発信源は日本の朝日新聞だった。中国韓国も悪いが朝日新聞が最も悪質だ。朝日の問題は他の誤報捏造報道と同じように、まず事実の確認よりイデオロギーを優先させたこと。そして、いつもは誰よりも言論の自由を強く主張するのに、自分達を批判する週刊紙に対して広告拒否という言論統制を行ったことだ。これでは、自分達の言論は最大級に守るが、自分達を批判する言論は許さない、と言っているのと何ら変わらない。池上コラム問題では、多様な言論を大切にする、などと言い訳をしていた朝日だが実は誰よりも多様性を認めていないのが朝日というメディアなのだ。朝日新聞は潰さなければいけないと思う。