AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

大アジア主義

支那事変について中国は8年余りの戦争だったと主張しているが実際は戦闘は1年半余りで日本は占領地の経済開発を進めた。明治維新で日本は西洋化を進めたが同時に東洋として西洋に対抗する思想が表れた。日本が主導して東洋を近代化するという大アジア主義である。これは清や中国の大中華主義と対立することになった。しかし近代化していたのは日本だけだった。大アジア主義は継続し朝鮮や満州にも影響を与えやがて大東亜共栄圏という思想に繋がって行く。戦前にイギリスやアメリカが保護主義的なブロック経済に入ると日本は東洋のブロック経済として大東亜共栄圏という発想に至るがこれは突然表れたものではない。西洋の植民地主義とは異なり東洋の植民地開放を目指し工業国と資源国の共存共栄を目指すという発想である。新興国の日本には現実的にそのような余裕はなかった。大東亜戦争は敗戦として敗れ去った。日本はアメリカによってアジア離れを強いられた。しかし大アジア主義は大局的に見ると戦後のASEANAPECなどに繋がった。戦前に日本が中国に介入して欧米と対立したことは失敗だったが東洋のことを考えていたとは言える。アジアに関わるべきかどうか。考えさせられる出来事である。反日アジアからは離れ親日アジアに関わるという姿勢が望ましいと思う。