AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

日本の歴史教育

戦後に米国中国韓国が押し付けた日本の全てを悪者とする歴史観は明確に誤りであり否定されなければならない。日本が最善を尽くしたという事実の歴史は知られなければならない。それを教育でも教えるべきだ。問題は、米国中国韓国が押し付ける嘘の歴史は事実と違うがゆえに退けられるべきであるが、代わりに日本が主張する歴史をそのまま教えるべきか、ということだ。言うまでもなく日本が主張する歴史は中国韓国が押し付ける歴史とは正反対でしかも遥かに事実に近い。これを教えることは日本と世界にとって大きなメリットがある。日本の歴史研究は続ける必要がある。しかし、日本が主張する歴史と事実とは時に違っている部分も少ないとは言え全く無いとは言えない。例えば日中戦争について日本の主張と世界の通説が違っていたりする、ということがある。このような場合、日本の主張を教えるべきか世界の通説を教えるべきか、という問題が起きる。どちらも事実と言えるだろう。だからこのような場合は両方の見方を教えつつも、基本的には日本の歴史教育では日本の主張をベースに教えるべきだと思う。そのようにして米国中国韓国との歴史戦争に対抗して行く必要がある。この戦争に負けてはいけない。日本は日本の歴史認識を正しく教え引き継いで行く必要があると思う。特に間違った歴史認識からは脱却しなければいけないと思う。