AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

黄文雄氏

黄文雄氏の、歴史、近現代史についての本を今読んでいる。日本の侵略戦争史観や植民地史観に疑問を呈している。満州、朝鮮、台湾、中国に対する戦争や統治は侵略や植民地化だったのだろうか。そのような言われ方を多くされてきたが、何となく疑問が起きてくる。欧米のマネをして対抗上、同じようなことをしたような気はするが、全く同じだった訳ではないような気がするのである。欧米のような侵略と植民地化とは違っていたような気がする。戦後の日本の歴史教育は正しかったのだろうか。これにも疑問を感じる。日本史などでは近現代史は短く飛ばすように扱ってきた。日本の近現代史については外国の戦勝国や中国韓国や左翼の偏った歪曲があるような気がする。黄文雄氏は、それらに反論するかのような本を多数出している。少しずつ読んでいきたいと思っている。真実がより良くわかるかもしれない。