AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

「反日」の構造、そして

この本では2002年頃のテレビ、ニュース23筑紫哲也氏やニュースステーション久米宏氏などを厳しく批判している。北朝鮮拉致問題や靖国神社参拝問題などを全く取り上げる姿勢を見せなかったことなどの例を上げている。彼が意識的に集会を黙殺した意図は少なくとも日本および日本人の立場に立ったものでなく北朝鮮や第三国の立場に立脚したものであるということだ。日本のナショナリズムを全否定した時点でニュース23北朝鮮か第三国のナショナリズムに論理的に加担しているのである。自らのアイデンティティを敵国日本で明らかにした筑紫哲也氏の蛮勇を大いに讃えたいところだが自らの反日イデオロギーで需要なニュースを無視し情報操作で公共の電波を私物化しているのは動かしがたい事実である。そして朝日新聞についても厳しく批判している。反日、左翼、国益無視、ということである。当時は全く気付かなかった。政権批判が少し多いなと軽く思っていた程度だった。しかし、かなり大きい反日左翼思想に毒されていたのだということが分かった。国益無視ということは売国奴ということではないのだろうか。そして反日韓国中国の肩を持っている。許し難い暴挙だったと改めて感じた。