AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

反撃能力

北朝鮮の核ミサイルの性能が向上している。中国も核ミサイルを保有している。これらの脅威は一段と高まってきており日本では対抗のために核ミサイル武装論や反撃能力保有論が起こってきている。憲法9条改正論議も同様で世論にも変化が起こってきている。非核3原則なども見直すべきだという意見もある。国防と自衛隊の必要性や北朝鮮や中国に対抗すべきだという意見も少なくなくなってきた。やはり安全保障は第一に自分の国で考えなければならないだろうと思う。あるテレビ番組で、核ミサイル武装論も良いが通常ミサイルであっても北朝鮮に向けて反撃能力を配備することでも抑止力としては有効だと言っていた。具体的には核ミサイルならばアメリカからレンタルし通常ミサイルならばトマホークの配備である。これをピョンヤンに向けて配備するということだ。確かにそういう方向に政治も世論も傾きつつある。東アジアでは緊張が高まってきており日本は軍事的対応が迫られるようになってきたと思う。