AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

保守と革新の逆転現象

衆議院解散総選挙の噂が流れてきた。与党と野党と言えば保守と革新だが、保守は守旧派で革新は改革派というのが本来の意味だと思うが、保守の自民党と革新の野党との関係は、この意味が逆つまり正反対になっているように思われる。自民党が古い制度の改革を打ち出し続け、野党が旧来の制度の改革に反対しているような印象がある。少なくとも改革という意味で野党は自民党より遅れている。自民党が改革を打ち出しているのに対抗して違いを見せようとして改革に反対しているようにも思われる。しかし自民党が明確な経済的理由を持って制度改革を打ち出しているのに対して野党は明確な経済的理由も展望もなくただ反対しているだけのように思える。自民党が経済を理解しているのに対して野党は経済を理解していない気がする。好景気の持続のために古い制度の改革は必要なことであり自民党はそれを理解しているように思える。解散総選挙でも国民は圧倒的に自民党を支持するのではないだろうか。