AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

自民党と中国韓国

日中国交正常化日中友好条約が結ばれたのは戦後処理にけじめをつける意味で必要だったのかもしれない。日韓基本条約も同様である。しかしそこから田中角栄総理や大平正芳外相をはじめとして親中路線に入り田中派の政権が長く続いて親中路線も長く続いた。日本の親中派を中国は政治工作で利用もしてきた。自民党の一部が親中親韓路線をとったのは経済的利益をあてにしたという見方もある。アメリカにも親中親韓のロビー活動がかなり効果をあげた。しかし最近ではそれらも逆転しているようである。中国韓国に厳しい反応が日本の自民党でもアメリカの政界でも多くなったらしい。中国韓国の政治工作もロビー活動も効かなくなってきたらしい。親中派が日本アメリカの政界への手がかりを失ってきたらしい。国際常識を無視する中国韓国に日本もアメリカも反発を強めているようである。しかし今の状況が本来の中国韓国の姿であり以前の親中親韓路線は間違いだったのではないだろうか。自民党の特に田中派が親中親韓路線だったことは重大な問題だったのではないだろうか。そういう点で田中政治には影の部分があると思う。自民党や外務省から中国色や韓国色が無くなることが望ましいと思う。