AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

憲法学者

憲法学者について疑問が浮かんだのは、現在の天皇陛下を第2代とする意見が圧倒的通説であるという話をテレビで聞いた時からだった。戦後の昭和天皇を第1代とするというのである。明らかに国民の考えとずれている。終戦で革命が起こったなどというのもそうだ。理屈付けに無理がある。最近では安倍総理憲法改正論議に反対の声明を出した、というのがある。ということは憲法学者というのは護憲派ということなのだろうか。安倍総理自衛隊憲法に盛り込みたいということだと思うがそれに明確に反対している。中立的に学問的に憲法を解釈するという以上のことが憲法学者に必要なのだろうか。そもそも憲法学者とは三権分立の立法、司法、行政のうちのどれに該当するのだろうか。どれにも該当する気もするが、どれにも該当しない気もする。憲法学者憲法を作るわけではない。それなのに憲法改正論議に反対するというのはどういうつもりなのだろうか。こんなことでまともな憲法解釈ができるのだろうか。もしかしたら憲法学者も怪しい左翼団体と繋がっているのではないのか。不信感が高まってくる。彼らも追求されるべき存在なのかもしれない。