AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

日本国憲法について

憲法が時代に合わなくなってくるとかえって権威が落ちる。憲法とは国家の理念そのものである。あるジャーナリスト(確か長谷川慶太郎氏と倉山満氏)の意見です。ニュースなどでは憲法改正の論議が起きていますが、果たして改正などという、つぎはぎのようなやり方で憲法を変えて十分なのでしょうか。戦後に急いで作られた現行憲法の改正などではなく、日本人がじっくりと作った帝国憲法も参考にしながら、全面的に書き換える。新しく作り直す。くらいの気持ちで、新しい憲法を作った方が良いのではないでしょうか。憲法改正ではなく新憲法作成という名称で議論をした方が良いのではないかという気がします。そして、日本人の憲法とはどのようなものがふさわしいか、国民の声を反映した議論をしてほしいと思います。専門家の意見も聞く必要があるでしょうが、怪しい憲法学者などではなく、純粋に憲法の議論ができる本当の専門家をあててほしいと思います。そして、同時に皇室典範も改正の議論をすれば良いと思います。こちらも見直しではなく新しく作り直すくらいの気持ちで行うのが良いのではないかと思います。現行憲法は問題が少なくないと言われているので、そのような取り組みをしてほしいと思います。