読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

明治、大正、昭和、平成

日本は君主制でも共和制でもかまわないのではないかと前に書きましたが、共和制の国、大統領制の国にも、いろいろ問題がある気がしてきました。君主制の国、王制の国にも、問題はありますが、どちらがましか、という問題になると思います。日本の場合は、特に近現代、明治、大正、昭和、平成、と天皇の役割が、政治家の役割と同じくらい、重要であったと思います。君主制であったことが国家の安定に大きく貢献したと思います。現在も今後も同じかもしれません。日本には天皇制がなじんでいると言えるかもしれません。その意味でも天皇家の維持は重要であると言えますが、男系維持にも不安定さはありますが、女系容認にも不安定さはある気がします。明治、大正、昭和、平成、の天皇が女性もしくは女系天皇だったらどうなっていたかを考えると不安も感じます。男系維持が望ましいのは確かです。しかし天皇家の維持のためには女系容認も考える必要がある気がします。難しい問題ですが、天皇の譲位の問題が解決した後には、この問題についても検討する方針になるらしいので、多くの議論を行ってほしいと思います。