AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

フェイクニュース

トランプとヒラリーが選挙戦で接戦だった時、アメリカで、あるネットユーザーが、トランプが支持率でリード、と全く嘘のニュースを、SNSで発信したそうです。すると、それは、あっという間に拡散し、広まったそうです。これが、本当は嘘のニュースをあたかも本当であるかのように発信するフェイクニュースです。アメリカでは、ネットを中心に、このようなフェイクニュースが、どんどん増えているらしいです。自分の知りたいことを求める傾向と、マスメディアに対する不信感が、背景にあるらしいと、テレビで伝えていました。誰もが情報を発信できるネット社会になり、情報が溢れ、受け手も情報を選別することが簡単にできるようになったことも大きいと思います。真実が簡単に発信できるようになったと同時に、嘘も簡単に発信できるようになったとも言えます。受け手は、より慎重に選別をしなければいけなくなってきました。これが、いいことなのかどうかというと、デメリットもあるものの、マスメディアが信用できなくなってきた中では、一定のメリットもあるのではないかと思います。一般大衆の意見や民意を発信する有力な手段になってきたからです。マスメディアが偏向報道を流す中では、ネットでの世論の形成というのは、大きな力になると思います。民意は大きいです。フェイクニュースにも、マスメディアにも、問題はありますが、より民意を反映した報道を行ってほしいと思います。