AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

伝統とは何か

天皇家はこれまで1300年も2600年も男系を継承してきた。危機もあったけれど基本的にはそのようです。昔は男子優先であったこと、明治以降は帝国憲法の下で軍隊の指揮官であったこと、最近では遺伝子のことを上げて男系でなければ血統が薄まるのではなく途絶えてしまうのだ、という人がいることなどが、その理由のようです。一方で、現在では、女性も天皇の時代、と男女同権、男女平等の立場から述べる人もいます。昔の皇位継承問題でも、男子優先ではあるものの、万が一に備えて、女性や女系天皇についても否定はしておらず、その備えもしてあった、と文献などから述べる学者もいます。そのようにして、男系維持派と女系容認派とが対立、論争を行うようになってきたわけですが、どちらも一理あるとは思いますが、現在のように、皇位継承の資格を持つ男子が、現実に減少している事実を考える時、男系維持にこだわるのではなく、女系容認ということも選択肢として考えて行く必要もあるのではないかと思います。伝統は大事ですが、それを守ろうとこだわるあまり、途絶えてしまっては、もともこもありません。皇族の男子女子の片方が皇族であるならば、男子女子に限らず、皇位継承を認めても良いのではないでしょうか。女性も天皇の時代、という意見には、女系天皇も含めて、個人的には同意できます。伝統をどうするのか。今はそのことについて改めて考え直す時になっていると思います。