AikaCat’s blog

天皇君主制とアベノミクスとケントギルバート氏を支持する少し右よりの保守派のブログです。

君主制か共和制か

日本は言うまでもなく、天皇陛下を君主とする、立憲君主制の国家です。君主制と共和制、君主国と共和国とは、全く反対の体制ですが、日本はこれからも君主制を維持していけるのでしょうか。というのも、天皇陛下皇位継承問題について、男系維持派と女系容認派とで、大きな対立があるからです。天皇はこれまで男系で続いてきたので、これからもそれを続けていくべきという意見と、必ずしもそれを続ける必要はなく、女系も容認するべきという意見が対立して、大きな論争になっています。男系維持を支持する人は多いですが、確かにその方が望ましいとは、私も思いますが、現状を見るとどうでしょうか。皇族に男子よりも女子の方が多い現状では、男系維持というのはかなり無理があるように思います。天皇家が途絶えないために、女系容認というのも、一つの選択肢として考えても良いのではないかと思います。これから将来のことを考えると、女性宮家創設も含めた女系容認の方が無理がないと思います。男系維持派の人たちは、それにこだわって、後継者がいなくなり、天皇家が途絶えてもよいと考えているのでしょうか。そうなれば、1300年とも2600年とも言われる長い天皇の歴史も終わり、立憲君主制も終わりになります。そうなれば、日本は共和制の国家になるのでしょうか。しかし、天皇の歴史の重みということを除けば、共和制になって何か問題があるのかというと、特に問題があるとも思えません。日本の元首が天皇から大統領に変わるとなると、違和感や抵抗感もありますが、問題としては、その程度かという気もします。神宮や神社や神道や皇居がどうなるかという問題もありますが、確かに伝統が途絶えるとはいえ、一般国民にとって大きな問題になるだろうかとも思います。共和国であっても問題ないのではないでしょうか。天皇の歴史の重みや伝統を重要視する人は、天皇家が途絶えないためにも、女系天皇容認への道について、改めて考え直してみてほしいと思います。